実例から学ぶ!逆三尊の形成パターンとエントリー方法

実例から学ぶシリーズ

逆三尊とは?


押し目や、底値に形成される反転パターンの1つです。

押し目や底値に形成される3つの安値の真ん中の谷が一番低い形を逆三尊といいます。

ちなみに三尊とはチャートパターンが仏像の三尊像に見えることから三尊と呼ばれています。

逆三尊の形成パターン

ネックラインブレイク型

ネックラインブレイク型とは2番底からの上昇派がネックラインを上抜いているパターンのことをいいます。

ネックラインノンブレイク型

ネックラインノンブレイク型とは2番底からの上昇派がネックラインに届かない、もしくは同等の水準のパターンのことをいいます。

この場合、単純に2番底からの上昇波の押し目買いを狙うのは危険です。

2番底からの上昇派の押し目候補でのレンジ形成を待ち、上昇方向へのブレイクを待ちましょう。

エントリー戦略

基本的に天井圏、底値圏に形成される転換パターンはネックラインを抜いた時点でチャートパターン形成と判断します。

そう考えるとネックラインを抜いたことが確認できた時点でエントリーを検討することができます。

逆三尊は売りから買い転換の可能性があるチャートパターンなので買いエントリーを検討します。

ただ底値とネックラインに値幅がある場合は損切幅が大きくなるケースが多いので、できるだけ安値から拾えるポイントも合わせて検討します。

以下に各型の安値でのエントリーポイントについて解説します。

ネックラインブレイク型

2番底からの上昇波の押し目候補での買いを検討します。

押し目候補となるレートでの下位足での反転を確認しエントリーするのがよいでしょう。

ネックラインノンブレイク型

この場合、ネックラインブレイク型と同様にネックラインを抜いた上昇波の押し目買いを狙うのは危険です。

2番底からの上昇派の半値あたりでレンジが形成されることがあります。押し目候補でのレンジ形成を待ち、上昇方向へのブレイクを待ちましょう。

下方に抜けてしまう場合は買いエントリーはしません。

エントリー戦略 チャート例

今回使用するチャート

ドル円チャートを参考にエントリーポイントを考えてみましょう。

Aがネックラインノンブレイク型Bがネックラインブレイク型になります。

A.ネックラインノンブレイク型

Aの逆三尊を拡大しています

2番底からの上昇波がネックラインを越えられなかった事実から、2番底への下降波の戻り売りと、2番底からの上昇波の押し目買いがぶつかってしまい赤枠のレンジを形成しています。

この場合赤枠レンジ高値を抜けてからのエントリーが最安値でのエントリーとなります。

次のエントリーポイントは逆三尊ネックライン抜でのエントリーとなります。

B.ネックラインブレイク型

Bの逆三尊を拡大しています

2番底からの上昇波がネックラインを越えられた事実から、逆三尊の形成期待が高まり2番底からの上昇波の押し目買いが多く入ります

赤枠の中で売り勢力より買い勢力が増すことになります。

この場合赤枠内での上昇転換後エントリーとなります。

次のエントリーポイントは逆三尊ネックライン抜でのエントリーとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました